弥生人の暮らしを今に伝える古代のロマン感じる登呂遺跡

写真
左)登呂博物館での体験の様子
右)出土された弥生時代の土器

紀元前3世紀ごろから紀元後3世紀ごろまでの間、弥生人は稲作を行い集団を形成して定住していたと考えられています。古代の静岡には、こうした「ムラ」が数多く存在し、遺跡も発掘されていますが、中でも有名なのが弥生時代後期の水田跡や竪穴式住居などを復元した登呂遺跡です。数々の生活用具も出土していて、その中には農耕ばかりでなく、漁網用の石のおもり、角製釣り針、丸木弓など、漁や狩猟に使用された道具もあります。こうした事からも、古代の静岡には、稲作をする弥生人が数代にわたり定住していた事が明らかになっています。また、飾玉、腕輪、曲玉など、呪術や祭祀に用いられたと思われる装飾品も見つかっていて、弥生人の暮らしを知る貴重な資料となっています。

戦国時代から江戸時代へ家康が晩年を過ごした駿河の国

写真
徳川家康像

静岡県は江戸幕府を開いた徳川家康に馴染みの深い土地です。幼年期は今川氏の人質として駿府で過ごし、桶狭間の戦いで今川氏が敗れると、三河国・遠江国に侵攻し浜松城を築き本城としました。晩年は再び駿府に戻り、ここで没しています。家康が死後埋葬された国宝・久能山東照宮や、静岡浅間神社など、ゆかりの寺社も多く残されています。

江戸末期から明治時代、開国の舞台となった伊豆・下田

写真
下田市了仙寺で
毎年行われる
黒船まつり

伊豆半島南部の下田港は、江戸時代には江戸と大坂を結ぶ海上交通の航路上にあって、船改番所が置かれたり風待港として使用されるなど、整備が進んでいました。この下田が注目を浴びたのは幕末。日米和親条約により函館港とともに日本で最初に開港されたためです。アメリカのペリーやロシアのプチャーチンが訪れたこの地は、条約の調印や日本初の米国総領事館として使われた寺院があり、往時の面影を今に伝えています。

ピアノ出荷額

シェア100% 世界的に有名な楽器メーカーのヤマハ、カワイを有する静岡県。国産のピアノは、全て静岡県から出荷されています。

木造歩道橋

長さ日本一 大井川に架かる島田市の蓬莱橋は、木造歩道橋としては世界最長の897.4m。ギネスブックにも登録されています。

自然

富士山 日本一高い山(標高3,776m)
駿河湾 日本一深い湾(水深2,500m)
緑茶 出荷額日本一(全国シェア61%)
富士川 河口幅日本一(1,950m)
柿田川(清水町) 湧水量日本一(日量約100万トン)

食文化

わさび 産出額日本一(全国シェア76%)
温室メロン 出荷量日本一(全国シェア41%)
ミナミマグロ 漁獲量日本一(全国シェア21%)
サクラエビ 漁獲量日本一(全国シェア100%)

歴史文化

わさび 産出額日本一(全国シェア76%)
温室メロン 出荷量日本一(全国シェア41%)
ミナミマグロ 漁獲量日本一(全国シェア21%)
サクラエビ 漁獲量日本一(全国シェア100%)

スポーツ

J1リーグ登録選手数 全国に占める割合日本一(8%)
団体少年男子サッカー 優勝回数日本一(23回)

産業

プラモデル 出荷額日本一(全国シェア91%)
二輪自動車・原動機付自転車 輸出額日本一(全国シェア47.8%)
衛生用紙 生産額日本一(全国シェア35.3%)

Myしずおか日本一

静岡県の日本一について、さらに詳しくはMyしずおか日本一(静岡県のホームページ)で!