日本のほぼ中央、太平洋に面するふじのくに静岡県。富士山をはじめとして、海・山・川・湖など豊かな自然に恵まれ、歴史文化や農林漁業、ものづくり産業が息衝いており、新東名高速道路など交通アクセスにも優れています。これらの地域資源を生かして、多彩な感動体験を味わうことができます。大きい地図を見る

伊豆エリア

起伏に富んだ景観と温暖な気候の伊豆半島都会的なリゾートと、
素朴な集落が共存

遠い昔、火山島が本州に衝突してできた伊豆半島。豊かな自然が今なお残り、2011年3月から、「伊豆半島ジオパーク構想」が進められています。温泉地が多く、東海岸の熱海や伊東、下田などを中心に、全国有数の観光地となっており、首都圏から多くの観光客が訪れています。また、稲取に伝わる雛のつるし飾りまつりなど、昔ながらの風習や伝統も数多く残されています。

富士山周辺エリア

富士山のお膝元で山麓の自然を満喫澄んだ空気と水、草原が迎えてくれる

名実ともに日本一の山、富士山。美しい姿は、静岡県を代表する景観であるとともに、周辺の地域では農業や工業などを中心に富士山がもたらす自然の恩恵を受けています。西麓に位置する朝霧高原には広大な牧草地が広がり、酪農が盛んに行われています。また、富士山の雪解け水は、日本一の湧水量を誇る柿田川湧水 群をはじめ、周辺エリアに清らかな流れを生み、農作物の栽培やニジマスの養殖などに利用されています。

静岡・大井川エリア

歴史の面影が残る、徳川家ゆかりの地
駿河湾から南アルプスまで標高差6,000mの大自然

県庁所在地である静岡市は、行政・商業都市であると共に、家具や雛具といった伝統産業のまちでもあります。その背景には、駿府城を構えた徳川家康が全国から有能な職人を集めたということがあります。家康をまつり、国宝に登録された久能山東照宮もこのエリアにあります。また、日本一深い駿河湾、駿河湾と富士 山を望む景勝地・日本平、南アルプスまでさかのぼる雄大な大井川、その流域に茶畑が連なる川根路など、豊かな自然を擁したエリアです。

浜松・中遠エリア

浜名湖を囲む全国有数の工業・農業地域
海山の恵みがあふれる遠州のくに

政令指定都市浜松市を中心に、多くの産業が発展している地域。「やらまいか=やってみよう」というチャレンジ精神は、スズキ、ヤマハ、ホンダなど、日本を 代表する企業の創業者や発明家を生み出し、今でも自動車や二輪車、楽器を中心とした工業地帯となっています。一方、ミカンやお茶、野菜などの農作物栽培の他、浜名湖や遠州灘ではウナギやカキの養殖、トラフグの水揚げなど水産業も盛んです。