体験プログラム

  • 農林漁業
  • 自然
  • 工芸・創作
  • 歴史・文化
  • スポーツ
  • 産業

海釣り体験(田牛漁港)

体験風景1
  • 体験風景1
  • 体験風景2
  • 体験風景3
  • 体験風景4

体験内容

地元の漁師から、エサのつけ方、釣竿の振り方、釣り上げ方を教わって、釣りを行います。堤防で釣った魚は、その場で漁師から特徴や調理法などの情報を教えてもらいます。種類によっては、民宿で調理してもらって食べることもできます。

学習のねらいと効果

魚離れと言われる現代の子どもたちが、生きた魚に触れ、形や感触を知ることで、魚への関心を高めます。現役漁師が積極的に話しかけ、釣りを通じて、地域住民とのコミュニケーションが図れます。自分で釣った新鮮な魚を味わうという食の楽しさと、現役漁師の仕事の難しさと大変さを知り、食べ物を大切にする意識を高めます。

事前・事後学習のポイント

事前学習として、伊豆の自然環境や、獲れる魚(カワハギ、イサキ、タコ、ナマコなど)の特徴について調べます。事後学習として、食や命の大切さ、自然環境の保護について学んだこと、地域の人と触れ合って感じたことなどを発表します。

地域の特色

透明度が高く、海の底まで見える下田の海。カワハギやイサキ、タコ、ナマコなどが釣れます。海釣り体験は、子どもたちの人数や日程に応じて、須崎、外浦、田牛(とうじ)、白浜の4つの地域で行うことができます。

安全管理

地元漁師と地域のサポーター(元漁師)が子どもたち10人に1人の割合で指導にあたります。特設のテントを用意し、適時休憩と水分の補給を行っています。下田市として、緊急避難警報などを随時確認できるように、ラジオを用意しています。

基本情報

協議会(問い合わせ先)
伊豆下田地区教育旅行協議会(下田市)
体験場所(対応組織)
下田市田牛漁港(地元船主会) MAP HP
時期
対応時間 9時~17時
定休日※無休
人数最大300人
所要時間標準120分
料金 一人あたり 525円
屋内/屋外 屋外
避難場所 三太山 MAP
医療機関共立湊病院
対象科目 総合的な学習の時間

※記載の情報は、教育旅行として学校が利用する際の条件です。一般利用の際とは条件が異なる場合がありますのでご注意ください。

位置情報

体験場所

名称: 下田市田牛漁港(地元船主会)
住所: 下田市田牛
海抜:0m
  • 徒 歩 5分
  • 駆け足 4分
  • 道のり 450メートル

避難場所

名称: 三太山
住所: 下田市田牛
海抜:35m

【広域避難場所】田牛青少年海の家、下田市田牛217