体験プログラム

  • 農林漁業
  • 自然
  • 工芸・創作
  • 歴史・文化
  • スポーツ
  • 産業

ツリークライミング&エコフレンドリーな森遊び

体験風景1
  • 体験風景1
  • 体験風景2
  • 体験風景3
  • 体験風景4

体験内容

専用のロープやサドルを使って樹に登り、樹上でおやつを食べたりシャボン玉を飛ばしたり、気軽に森遊びする体験です。準備運動をしてから、登る樹に「今日は一緒に遊んでください」と挨拶をします。ブレークス(ブレーキ)という結び目を持ち上げ、フットループに足をかけて踏ん張ると、テコの原理で身体が持ち上がります。この動作を繰り返して、高さ15メートルほどの樹を登っていきます。高く登ることが目的ではなく、リラックスして笑うこと、リフレッシュして楽しいひとときを送ることが目的のレクリエーションです。

学習のねらいと効果

「樹登り」を通じて、森をはじめとする自然との一体感を感じます。樹に対して友達のような気持ちを持つことで、森林の持続性について考えたり、エコ活動への意欲を高めたりするきっかけを作ります。

事前・事後学習のポイント

事前学習として、伊豆高原の自然や特色、日本に存在する樹の種類や特徴、森林の役割を学習します。事後学習として、現在の日本の森林伐採の状況や森林再生活動について学習し、「豊かな森林を残すため、自分たちにできることは何か」をテーマに考え、自然環境の大切さを学びます。

地域の特色

都心からのアクセスが良く自然豊かな伊豆高原では、多彩なアウトドア体験を提供しています。なかでも人気が高いのが、高原の立地を生かしたツリークライミング。冬でも温暖なことから一年を通して安定的に体験できるのが特徴です。

安全管理

体験場所の事前踏査を十分に行います。体験に適した枝は太さ15cm以上と決まっており、安全と判断できた枝を使用しています。 使用する道具(ロープ、クライミングギア、サドルなど)の点検を行い、装着後も不具合がないことを確認します。ヘルメット、滑り止め付の軍手の着用を義務付けています。ブレークス(ブレーキ)は安全上、落下を防ぐ為、樹から下りるとき以外は触らないよう注意を呼び掛けています。セイフティノット(結び目)を作り、万が一落下しそうになった場合の安全の確保をします。ツリークライミングジャパン公認オフィシャルインストラクターが、安全に体験できるよう十分な説明・指導をします。

基本情報

協議会(問い合わせ先)
伊豆高原ペンション協同組合(伊東市)
体験場所(対応組織)
一碧湖畔(MotherTreeふぉーらむ) MAP HP
時期
対応時間 9時30分~15時30分
定休日※無休
人数最大25人
※それ以上は応相談
所要時間標準180分
料金 一人あたり 3,500円
屋内/屋外 屋外
避難場所 伊東市立大池小学校 MAP
医療機関市立伊東市民病院、阿部脳神経外科医院、医療法人社団いずみ会メディカルはば伊豆高原
対象科目 社会 理科 体育 

※記載の情報は、教育旅行として学校が利用する際の条件です。一般利用の際とは条件が異なる場合がありますのでご注意ください。

位置情報

体験場所

名称: 一碧湖畔(MotherTreeふぉーらむ)
住所: 伊東市吉田820
海抜:196m
  • 徒 歩 14分
  • 駆け足 9分
  • 道のり 1,100メートル

避難場所

名称: 伊東市立大池小学校
住所: 伊東市吉田824-4
海抜:214m